指定難病であるクローン病・潰瘍性大腸炎の役立つ仕事情報をお届け

クローン病はストレスで溜めない!仕事とうまく付き合う3つの秘訣

ストレス

クローン病の症状は過労や過度なストレスで悪化することがあります。

…とはいえ仕事をしているとストレスが溜まることが多いですよね。

 

仕事でストレスが溜まらないように、心得ておくことをまとめてみました。

 

▼目次

  1. クローン病の仕事とストレス①|働く環境を整える
  2. クローン病の仕事とストレス②|仕事は第二、転職を考えるのもあり
  3. クローン病の仕事とストレス③|溜まったら発散する
  4. クローン病と仕事とストレス|まとめ

クローン病の仕事とストレス①|働く環境を整える

まず第1に自分が働きやすい職場環境を作ることです。

 

クローン病は症状の悪化によって、

下痢腹痛

と切ってもきれません。

 

さらには、付き合いなども考えると食事制限も問題になってきます。

 

 

  • 出世コースに響きそう。
  • まわりからそういう目で見られるのが嫌。

といって職場に内緒にしている人も少数いますが、なかなか隠し続けて行くのは難しいのではないでしょうか。

 

私も何回か転職はしましたが、必ず自分に持病があることは伝えてきました。

たいがい周りの人は意外にそんなに重大に受けません。

 

特に年齢を重ねれば重ねるほど、誰でも持病の一つや二つ持っているものですからね。

 

 

病気にかかったら、まず

周りの人に腹痛などで体調が悪くなることがある

ということを知っておいてもらうのは

非常にメリットが大きいです。

 

自分が体調が悪い時に、甘えられます。

 

まだ就職前の人ならば面接時に病気のことを話しておく

といことも考えておいてください。

 

 

▲目次にもどる

 

 

クローン病の仕事とストレス②|仕事は第二、転職を考えるのもあり

 

かなり個人的な見解で統計データがあるわけではないですが、クローン病の人やIBDには

真面目な人が多い

という気がします。

 

仕事は第二、無理をしすぎない

無理をしないことも大切です。

 

健康第一、仕事は二の次

 

という言葉があるように、

自分がいなくなっても、仕事を代わりにやる人はいます。

 

あまり真面目に働かずに、時には気を抜きつつ無理をしすぎないこと。

 

 

仕事が合わなければ、転職を考えるのもあり

ストレスが溜まる原因に

そもそも、仕事があっていない

という可能性も考えられます。

 

私は、20代はずっと営業職をしていましたが

営業って楽しい時もありますが、かなりストレスも溜まるんですよね。

 

それに、元々人と話すのはそんなに得意ではなかったので、今考えるとかなり向いていない仕事をしていたんだと思います。

 

自分が

ストレス感じてるなと感じたり

今の仕事はあってないと感じるならば

 

転職も考えてみてください。

 

 

自分なんか今の職場をやめたら、どこも雇ってくれない

クローン病なんだから、職場を探すのは大変

 

などマイナス思考や我慢することはよくありません。

 

自分の価値自分で決めるのです。

 

自分が働いていて楽しいと思える職場を選びましょう。

 

自分が好きなことだったり、向いている仕事をしていると不思議と楽しいものです。

 

 

▲目次にもどる

 

 

クローン病の仕事とストレス③|溜まったら発散する

  • 仕事も辞めれない。
  • 生活もあるし継続していくしかない。

という人も多いでしょう。

 

そんな人は仕事でストレスを溜めない、自分なりのストレス発散方法を編み出しましょう。

 

特に、忙しい時注意してください。

知らず知らずに疲れやストレスが溜まっているかもしれません。

 

軽い運動でストレスを発散する

オススメの方法は

ウォーキングなどの軽い運動です。

 

おいおい、運動なんてしたら悪化しちゃうんじゃない?

 

と思う人もいるかもしれませんが、軽い運動はクローン病でも推奨されています。

 

運動をすると、脳内にセロトニンという物質が分泌されます。

セロトニンはうつ病予防にも効果でストレス発散効果があります。

 

 

▲目次にもどる

 

クローン病と仕事とストレス|まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

クローン病の人が仕事でストレスを溜めない3つの秘訣と題してお送りしました。

少し脱線してしまっているところもありますが、症状の悪化とストレスは非常に密接に関わっていると思います。

 

みなさんが、ストレスフリーな生活ができるように祈っています。

 

 

▲目次にもどる

 

 

あわせて読みたい:

クローン病になったら仕事辞める?入院が原因で会社を退社するケース

クローン病になったら仕事辞める?入院が原因で会社を退社するケース
主に10代後半から20代前半の若年層に発症するケースが多いクローン病。発症時は未だに入院が余儀なくされているようです。学生であれば休学をすることとなりますが、すでに社会人の場合はなかなかそう簡単にいきません。入院がきっかけで会社を退社するケースが増えています。

 

【クローン病】の人が仕事探し前に読むもの|避けておきたい職種3選

【クローン病】の人が仕事探し前に読むもの|避けておきたい職種3選
クローン病を患っている方にとって、アルバイトや正社員でいざ働こうと思っても職場環境が合わなかったり、そもそも体調を悪化させるような要因が潜んでいる職場もあります。今回は、なるべく避けておきたい職種をまとめてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました